前へ
次へ

自分で納得して働くためにもハローワークを

エリートだった兄の場合はハローワークでもらえる失業保険もなかなかの額でしたから、生活はそれほど変化せずむしろ悠々自適といった感じでした。兄はその期間を利用して新しい資格をとり、今までとまったく違う分野に就職していきなり管理職に抜擢され、今では大活躍しています。人には向き不向きの他に運があり、自分でタイミングを計って行動すべき時があります。兄の場合はそれが見事にマッチしており、成功した例でした。失業するしないにかかわらず、社会人になったならハローワークのことは必ず知っておいたほうが良いでしょう。今働いている会社で定年まで勤められると保障されているわけではなく、結婚や介護などさまざまな変化があれば生活費も変化してきます。仕事をしてお金をもらうことは、自分の生活を支える重要な手段です。だからこそ働く場所は自分が納得して選ぶのが望ましく、職探しも自分ができることは全部やったと言えるくらいすべきでしょう。

Page Top