前へ
次へ

ハローワークの仕事探しは担当者選びがポイント

ハローワークにお出かけして、その職員の対応で気になるのが次のような対応です。こちらが正社員の仕事を探していたのに、なぜか派遣や契約社員の案件をすすめてくれる人が多いです。次に自分が前に勤めていて会社の自慢話をする担当者が割と多いです。それから多いのが、自分の就活理論を押し付けてきて、自分の好みに合うような求人だけを紹介するような職員です。 もっと許せないのは、態度が大きくて、上からの目線で、就活している人達を馬鹿にするような態度をとる職員です。このような職員に当たった場合は、すぐに帰宅するのが一番賢い方法でしょう。このようにハローワークで働いている担当者は、職員の質が悪い上に、人柄も悪いというのが定説です。ですがこれらの職員の中でも特別な職員はいます。それは政府の機関の中から、メインのラインから滑り落ちてきたような人たちです。このような人たちは散々、ラインでいじめられてきていますから、人間の心の痛みについて、よく理解していただけます。傷ついた若者たちの心を癒せるのは、このような人の心の痛みが分かるような職員です。

Page Top